投資信託のリスクを減らすためのポイント!バランス型ファンドの選び方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
background0069cm
スポンサーリンク

投資のポイントは分散投資!それでもリスクゼロにはできない

投資のポイントは分散投資。

分散投資の考え方は

分散投資の基本

の記事をみてね。

分散投資を個人でやることはもちろんできるけど、

どのような資産をどういう比率で組み合わせるとか、

比率をいつ変更するとか、

素人が考えるのはかなり難しい。。。

なので、うちは

バランス型ファンドも利用してます。

でもね・・・

分散投資はリスクを減らす方法ではあるんだけど、

リスクをゼロにはできひんのです。

資産ごとに値動きのしかたが違うっていっても

リーマンショックみたいなことがあったら、

ぜーんぶ値下がりしちゃうし。

だから100%定期預金にしとくってのも

考え方の一つではあるんよね。

でもリーマンショックみたいな何十年に1度の

出来事考えてもやっぱり数十年の期間でみたら

まあプラスにはなってるわけで。

老後の資金を考える若い世代は

やっぱり投資しとくべきなんかなって

思うんよね。

大事なんは分散投資してもリスクはゼロにはならん、

ってこと、どういうときにリターンがマイナスになっちゃうのかを

ちゃんとわかって商品を選ばなあかんってことです。

バランス型ファンドを選ぶ際のポイント

ひとくちにバランス型ファンドといっても

投資資産の種類や国内外の別、

比率の変動、為替ヘッジの有無とか

内容はバラバラ。

バランス型やで~

といって売られてても

実際は日本株ばっかってこともあるから

気ぃつけて。

バランス型ファンドを選ぶときに

確認しておきたいポイントとしては、

  • 投資目的とリスクの程度
  • どの資産にどのくらいの割合で投資しているのか
  • 国内・海外の比率
  • 為替ヘッジ
  • 資産配分の比率変動の頻度

リーマン以降は損失をできるだけ避けるように
資産の配分を大きく動かせる商品とか
リスクの高い資産への配分を
勝手に減らす仕組みの商品が人気だそう。
 投資信託買ったあとって
ほったらかしにしたらあかんので、
ちゃんと予定した資産の
配分になってるかどうか
定期的にみなおして
リバランスしなあかんねんけど、
これが結構めんどくさい。
バランス型ファンドはそれもやってくれるわけで、
手間がはぶける。
ただし。。
どうしても信託報酬とかのコストは
高めになるから、
自分で分散投資の計算したり、
リバランスする時間とれる人は、
個別でやったほうがお得やろな、
とは思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする