投資初心者のNISAの使い方!5年後にやらなければいけないこととは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NISAで金融商品を購入すると、配当や売却益が非課税になるというメリットがあります。

ただ、購入してほったらかしにすることはNG。

購入した商品、積み立てした商品の値動きをみて、開始5年以内にしなければならないことがあります。

calculator-385506_640

スポンサーリンク

開始5年以内にやること~売却か繰り越しかを決める

NISAで購入した金融商品を保有できるのは、

投資した年の4年後の年末まで

最長5年間です。

2016年に購入した金融商品は、2020年末まで保有できます。

購入してからはいつでも売却できますし、

配当を受け取ったり、分配金を受け取ることもできます。

その際の利益は非課税です。

5年たつ前に決めなければならないのが、

売却するか、繰越すか、です。

mns0009-009

売却する

保有している株や投資信託が値上がりしていたら、利益を確定して非課税のメリットを受けられます。

繰越す

問題は含み損がある場合。

含み損がある場合には、売却せず、翌年のNISA口座に繰越す方法があります。

繰越せば翌年から最長5年間非課税で配当を受けつつ値上がりを待つことができます。

NISAの枠がどうなるかというと、

取得価格ではなく、そのときの時価に見直します。

50万円で買った商品が40万円に値下がりしていたら、

翌年は40万円で購入したことになり、

40万円分の投資枠を消費します。

課税口座にうつす

税制上のメリットはあまり受けられませんが、

NISAで購入した商品を課税口座に移すこともできます。

課税口座にうつせば、NISAの枠を気にせずに運用できますが、

配当や売却益には20%が課税されます。

利益が出ている場合はいいのですが、

含み損がある場合は、判断をしなければなりません。

NISAの残り時間が短くなったときには…難しくなりますね…

こまめに利益を確定していかないといけないということでしょうね。