金銭感覚の違いで離婚する夫婦・離婚できる?離婚しない方法とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kenka_fuufu

kenka_fuufu

金銭感覚の違いで離婚する夫婦って多い。

離婚原因ので一番多いのは性格の不一致やけど、

金銭感覚の違いも常に上位にランキングされてる。

結婚する時点ではあんまり気づかなくても

夫婦間の金銭感覚のズレっておっきな問題になってくるんやね。

でも金銭感覚の違いで離婚になるのってどんな場合なんやろ?

離婚を回避する方法も考えてみたよ。

スポンサーリンク

金銭感覚の違いで離婚するのはどんな場合?

金銭感覚のって育ってきた環境で決まるもんやから、

大人になってから変えるのってなかなか難しい。

子供のころからいいもん食べさせられてたり、

着せられてたりしたら、それが当然やと思って育つしな。

独身時代は自分のお金やからどう使おうと勝手やけど、

結婚して、しかも子供うまれたら同じようにはいかへんやんな。

自分の趣味とか遊びを同じようにしようと思うと

相当お金ないとやってられんもんな。

夫が生活費をいれずに趣味のパチンコばっかいってる

とか、妻がブランドもん買ったり友達と高い食事ばっかいってる

とかが離婚の理由になってるよう。

借金があるともつれる

どっちも離婚に合意してる場合には、離婚届けにサインするだけやから

問題はないんよね。

離婚に合意してるのに、問題になるのは、

夫が妻名義で借金した、妻が夫名義で借金した、とかやね。

今は本人確認が厳しいからなかなかそれはできひんけど、

ちょっと前やったらできたから。

借金の分担をどうするかってことは問題になる。

裁判までもつれる場合は

一方が離婚したいのに、相手が離婚に応じてくれない場合は、

調停、協議、場合によったら裁判まですすむことになる。

裁判所が入ってくる場合には、ちょっと金銭感覚が違うってだけでは離婚まで

認められにくい。

「婚姻を継続しがたい重大な事由」がないとダメ。

だから、夫のギャンブルがすごくて借金まみれ、とか

妻がブランドもん買いまくってショッピングローンがかさんで、

返済できないくらいになってるとかまで必要になってくる。

ちょっと使いすぎてる、でもボーナスで補てんできてる、とか

だと裁判で離婚事由とまでは認められにくい。

金銭感覚の違いで離婚しない方法

結局は、夫婦間での話し合いしか回避する方法はないやんね。

夫が妻に生活費渡す形にしてて、妻が足りない!夫は使いすぎてんだろ!

なんて感情的なケンカになると危ない。

夫はどれくらい支出があるかわかってないことも多いから、

妻としては、ちゃんと支出を明確にして、

これこれこんだけ必要で、これだけ足りないってことを示す。

数字を出して明確にするのが大事やと思う。

夫がお小遣い制で足りない!ってゆってる場合も

家計簿を見せてこれ以上出せないよってことを見せる。

冷静な話し合いのためにも材料は出さないとね。

それを夫の方がやってもいいしね。

収入の範囲内でやりくりするためにお互いに譲歩する。

仕事帰りのちょっと一杯を減らすとか、

エステを我慢してホームケアにしてみる、とか、

ちょっとずつ金銭感覚を修正するのがいいと思うわ。