投資信託はじめの一歩

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
background0042cm

資産運用を考え始めた初心者におすすめなのが投資信託です。 

スポンサーリンク

投資信託って?

投資信託は、投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資し、運用するものです。運用で得られた利益は投資家の投資額に応じて分配される仕組みになっています。

運用成果は市場の状況によって変わるので、運用がうまくいって利益が得られることもありますが、うまくいかずに投資した額を下回ってしまうこともあります。

投資信託は元本が保証されているわけではないので、それが銀行の預金とは異なるところです。

 

投資信託の仕組み

投資信託は、投資信託運用会社で作られ、証券会社や銀行、郵便局などの販売会社を通じて販売されます。購入されたお金は、信託銀行に保管され、運用会社はどこにいくら投資するのかを決め、信託銀行が株や債券の売買を行います。

販売会社

投資家は投資信託をこの販売会社から購入します。販売会社には証券会社や銀行、郵便局があり、商品の説明や投資の相談にのったりしてくれます。投資家ごとの口座を管理し、投資信託の販売や換金、分配金・償還金の支払いなどを行います。

 

投資信託運用会社

投資信託運用会社は、資金の運用先を決め、信託銀行に対して運用を指図します。経済情勢、金融情勢を分析し、どのようなところにどれだけ投資をするかということを決定します。投資信託で利益をだせるかという運用成績は、運用会社の能力にかかっています。

信託銀行

信託銀行は投資家の資産を保管し、運用会社からの指図に従って株や債券の売買を行います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする