子供が進学!親の大学費用の準備はいつから?まずは貯蓄と運用!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAK75_officenodanjyo20140823095029-thumb-815xauto-17707

大学受験なんて遠い昔の話。せやけど、なんかこの時期って

みょーにそわそわするわ。

もう別に焦ることないんやけどな。

駅で、受験のためやろな、田舎からでてきましたーみたいな子

みかけたら、昔の自分思い出して、

がんばりやぁ~とか声かけたなるわ。

すっかり自分の受験より、子供の受験の方が近くなってきてるねんけどな<(`^´)>

教育資金、ねん出、がんばりますよっ

てことで、大学費用が必要になる時期、支出方法、貯める方法について書いてみます。

スポンサーリンク

合否だけじゃない!親の心配は大学費用のこと

そりゃな、自宅から通える国公立いってくれりゃそんな心配ないねん。

でも、そんなうまくいかへんやん?

成績足りひんこともあるし、

不合格ってこともあるし。

子供が勉強に集中できるように、

親はどこ行ってもいいで~頑張りや~ってゆえるように

大学費用準備しときたいよね。

で、大学費用にいくらかかるかってことなんやけど、

一番お金かかるのが、東京の私立で自宅外の場合。

地方から上京する場合だけちゃうくて、

理系とか学部の移転とか教養課程で東京近郊に住んでても通えへん

ことはよくあるで。

その場合、学費と生活費で平均1200万円。

国立で自宅通学やったら600万円。

倍もちがうんやね(@_@)

支出時期は、

受験から入学までの時期に222万円

受験費用とか大学納入金、生活費、敷金礼金など。

1年の秋には秋学期の授業料43万

2年から4年までは春と秋に62万、43万をそれぞれ払うかたち。

で、仕送りで月8万くらいかかる計算やね。

支出パターンはだいたいこんな感じやから、

入学までに自宅通学でも300万。できれば500万はためておきたいとこ。

大学費用をためる方法

大学費用は自己資金で賄うほかに、

奨学金とか、教育ローンとかあるねん。

奨学金は、子供が借りるものやから

ちゃんと相談して借りなあかん。

学資保険とかと違って親が死んでも返済義務なくならんしね。

自己資金でためるんやったら

児童手当を使わずに全部ためといたら200万。

残り300万は毎月の収入とかボーナスとかから積み立てていく感じ。

お年玉なんかも貯蓄にあてないとあかんね。

だいたい3分の2は元本確保型にしとくのが目安。

今は定期預金じゃたまんないから

個人向け国債の10年変動型とかがいいんちゃうかな。

学資保険も予定利率が下がるやろから

契約するんやったら急いだ方がいいわ。

で、残りは投信の積み立てとかのリスク商品で

目標額をためると。

もちろんリスクはあるから、

どれくらいやったらリスクをとれるか、は考えないとあかんね。

積み立てするんやったらジュニアNISAでやると

税金面でもお得やで。

教育資金…

うちは子供3人いるから頭痛いわ。

定期預金の積み立てもやっててそれで受験費用はまかなうつもりやけど、

あんまりたまらへんからほとんど投信の積み立てに回してる。

増えてくれるといいねんけどな~