投資信託のリスクを減らす方法とは?投資の基本分散投資ってどうやったらいいの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
background0044cm
スポンサーリンク

投資の基本は分散投資!組み合わせてリスクを低減させる

投資の基本は分散投資です!

分散投資は、

株とか債券とか1種類に投資するんじゃなくて

複数の資産を組み合わせること。

地域や銘柄を分散して値動きの変動の幅を抑えます。

値動きの変動がどうして安定するのかというと、

資産ごとに価格の上昇、下落のタイミングとか変動の度合いが違うから。

株は景気が上向いたら上がります。

債券は景気がよくなって金利が上がると落ち込みます。

1つの資産が良くなくても他の資産が補ってリターンが安定するので、

1つの資産や地域に偏らずにバランスよく投資すると、

リスクもリターンも安定する、

そういうわけ。

でも個別銘柄で分散投資するのは、

資金が豊富にないとあかんので、

少ない資金で分散投資するんやったら

投資信託が便利やでってゆう話です。

資産ごとの値動きの特色

現金は一番安定性の高い資産。

普通は元本が保証されています。

でも今の低金利をみてもわかるように、

リターンはほんとうに少ないです。

ほんとに利息ちょぴっとしかつかへんもんね。

定期組むときにはネット銀行とか、キャンペーンとかよくみといて

やらんとほんと損やと思う。

株式はリスクもリターンも高い資産。

企業が成長して株価があがったら配当金も払われます。

でも業績が悪くて配当なし、株価も下がっちゃったなんてことも。

初心者には手だししにくいよねぇ

債券は現金と株式の間くらい。

定期的に利息が支払われて、基本的に元本も保証されてる。

でも株式ほどリターンは大きくないです。

年金の運用も債券の割合かなり減らしてるしね。

あんまりリターンがないからってことやろね。

あとは不動産投資信託(REIT)と商品(コモディティー)

REITは不動産などの賃貸収入とか売却益を投資家に分配するもの。

配当利回りは高くて、リスクは株式と債券の間くらい。

コモディティーは

原油とか金とか農産物など。

配当とか利息はなくて、需給で価値が大きく変わります。

現物投資で金もってるって人は多いかも。

ただ現物やと換金するときに手数料とかとられるし、

管理にも手間がかかるわぁ・・・

って人は金のETFとかあるから、それもいいかも。

地域によっても特性は変わる

分散投資をするときは、

相関関係がない資産を組み合わせるのが基本。

例えば、日本株なら日本債券と海外債券には連動性が低いです。

日本債券と海外債券も連動性が低く、

それぞれの値動きのパターンが違うので、

分散投資の意味があるのです。

国内資産だけじゃなくて、海外資産も組み合わせると

リスクを減らすことができます。

個別で国内外4資産に分配したらいくらいるんやろ…

時間経過で資産配分を変更しよう

投資をするときにはあらかじめ目標とする年を決めましょう。

その年に向けて資産配分を変更していきます。

一般的には退職する年齢を目標とします。

若い時期には年数が多いので、リスク資産(株とか)の比率を多めにして、

徐々に債券とか現金を多くしていきます。

住宅購入とか、学資とかを目標にすると、

最後は全部現金にすることになります。

自分で割合を変更できるならいいけれど、

そんなめんどいことできひん!

という人は、

ターゲットデートファンド、

ターゲットイヤーファンド

ライフサイクルファンド

という名前で売られている商品を買っておけば

資産配分を自動的にやってくれるんで便利です。

投資をやる以上リスクをゼロにすることはできひんけど、

分散投資してリスクをへらしていきましょってことです。